LIFESTYLE

オーガニックをバランスよく取り入れて楽しむハワイライフ

更新日:

ハワイという異国の地で、ナチュラルライフを楽しんでいるAさん。
10年前にご主人との結婚を機にハワイへ移住されたAさんに、ご家族とのナチュラルライフの楽しみ方などをお聞きしました。

ハワイへの移住と意識の変化について

【プロフィール】
1976年日本生まれ。
大学卒業後11年間ANAにて客室乗務員として勤務。結婚を機にハワイへ移住。1児の母。

私がハワイに移住したのは、10年前。主人が東洋医学のドクターをしていて、結婚がきっかけでした。今は、ハワイの生活の中で子育てをしながら、オーガニックやナチュラル系といわれる健康や食に関して意識をしつつ楽しみながら生活しています。

オーガニックやナチュラルに興味を持ったきっかけは長男を妊娠したこと。
日本にいた頃は、独身で一人暮らしだったので健康についての知識もなく、妊娠し健康や食が気になるようになって調べるようになったのがきっかけでした。

成長期の子どもにとっては、食べたものが直接的に体作りに関わってきます。
ですから、極力添加物が入っていないもの、オーガニック食材など、ナチュラルな素材を摂ることで、家族が健康でいてほしいという気持ちで続けています。

アメリカはオーガニックの先進国なので、スーパーフード等が日本よりも早く手に入りました。ケールなど日本で中々入手しにくい野菜も手に入りやすいというのも健康を意識することになった理由の一つかもしれません。

ハワイに移住して大きく変わったのは、選べるのであればオーガニックを選ぶということです。

常夏のハワイでも室内での冷えは要注意

主人が「体を冷やしちゃいけない」と、よく言うので、夜にはサラダやアイスクリームなどを控えることも意識しています。

「冷えは万病のもと」という言葉がありますが、一年中日本に比べて気温が高いハワイでは、一度建物の中に入るとかなり冷房が利いていて、室内に居るだけで体が冷えてしまうことも。その上、体を冷やす食べ物を摂れば血液の流れが悪くなって手先や足先など末端部分が冷えるだけでなく、老廃物が溜まりやすい体になってしまいます。

出来合いのものはやめて、できるだけ自分で作り素材を意識する

出来合いのドレッシングやビンやカン、プラスティックに入っているものをやめて、できるだけ自分で作るようになりました。ファストフードや外食の頻度も減らしています。

日本から持ってきてもらうお菓子の味が受け付けなくなったのも変化の一つです。
自分でも驚いているんですが、「舌が変わった」と感じています。

また、素材を意識するようになりました。

味噌を手作りしたり、みりんはきちんと米から取れるものにしたり、醤油の原材料を見るようになりました。値段はどうしても高くなってしまうんですが、「どうせ食べるならオーガニック!」と思っています。

私は、36歳で子供を産んだのですが、そういう意識を持って生活し始めたのは35歳くらいから。お付き合いもあるし、若い時からというのは難しいのかもしれないですね。
外食では、スムージーやアサイーボウルにしても、砂糖が多いので極力採っていません。
周りがヘルシーだと言っていても、原材料を見ないとわからないので、よく調べてチョイスするのが大切だと思っています。

神経質になりすぎないように取り入れるのが長く続けるコツ

息子は現在7歳ですが、6歳まで市販のお菓子は与えず、ドライフルーツや水を中心に、砂糖が多いジュースはあまり与えないようにしていました。
ところが、学校が始まるとそうもいかなくて、お友達が持ってくるお菓子をもらって食べたりするんですよね。
でも、それはそれでいいと思っていて。自分の目が届く範囲でやっていこうと思っています。やりすぎると疲れてしまうので、その辺のバランスを考えながらですね。

周りとの付き合いの中で、私も甘いものを食べる機会はあります。
でも、考えなしには食べず、イベントの時やみんなでお茶する時など、必要な時は摂って、必要なければ摂らない、と言う感じ。

高齢出産で子どもを産みましたが、その割には元気で特に何の病気もありません。
熱は1年に1回くらい、2日も寝たら治っちゃうんです。免疫力がついたのかもしれないですね。

時間がある時には運動。ジムで歩いたり、息子と海に行く時には泳いだり、意識して体を動かしながら無理なく続けています。

これからナチュラルライフを目指したい方へメッセージ

最近の日本人の女性は、インスタなどSNSからも情報が入りやすいし、自分のために頑張って体鍛えたり、意識が変わってきているとは思います。

健康食品に興味を持つきっかけは人それぞれですが、調味料の原材料をよく見て買うことや、ドレッシングを手作りすることなどは取り入れやすいと思いますし、まずは、周りの詳しい人に聞いてみるとか、Webサイトで学ぶとかも良いかもしれません。
私自身も、どこまで調べたらよいか、葛藤しながらです...。

オーガニックは、日本に限らずハワイでもお金はかかります。
どうしても手軽で便利な商品は、レジの近くやすぐ取れる場所に陳列されているので、消費する側が賢くならないと自動的にそういうものを摂取してしまいますから。
でも、結果的に、病院に行くよりも普段の積み重ねで健康になれるのであれば、お金もかからないと思います。

ハワイでオーガニックのオススメ店舗情報

オーガニックを意識してハワイライフを楽しんでいるAさん。
自然の中で、自分の良いと思ったものをバランスよく取り入れて生き生きと暮らしている姿は、明日の暮らしのヒントになるかもしれません。

最後に、Aさんが実際によく利用されているハワイのオーガニックのお店を3店舗ご紹介いただきました。

Down to Earth (ダウントゥーアース)

Down to Eearh

Down to Eearh

オーガニック商品が並ぶ店内

オーガニック商品が並ぶ店内

買い物なら、ダウントゥーアースがおすすめです。
値段は高めですが、ビーガンであるとかオーガニックであるとか商品が統一されています。ホールフーズの方が、オーガニックのものに加えて普通のものも置いていますね。

店舗情報

https://www.instagram.com/downtoearthhi/
住所:2525 S King St 96826 Honolulu , HI
電話: 808-947-7678
営業時間:月〜日曜日:7:00〜22:00

Peace Café(ピースカフェ)

ピースカフェ

Peace Cafe

ピースカフェ店内

Peace Cafeの店内

ナチュラル系、ビーガンならキングストリートにあるピースカフェ

店舗情報

https://www.instagram.com/peacecafehawaii/
住所:2239 S King St, Honolulu HI 96826
営業日時:月~土曜日:9:00〜20:00 / 日曜日:9:00〜15:00
電話番号:808-951-7555

Kaimana Farm Café (カイマナファームカフェ)

カイマナファームカフェ

カイマナファームカフェの店内

カパフルにある日本人経営のカイマナファームカフェも、美味しくてオーガニック。
お惣菜が何種類かあって、スーパーフード系のお惣菜から選べるというのも魅力です。

店舗情報

https://www.instagram.com/kaimanafarmcafe/

住所:845 Kapahulu Avenue, Honolulu, HI 96816
営業時間:日・月・水・木曜:8:00〜14:00 / 金曜:8:00〜14:30、17:00〜20:00 / 土曜:8:00〜14:30、17:00〜20:00
電話番号:808-737-2840
定休日:火曜

-LIFESTYLE

Copyright© Inner Beauty Agency , 2018 All Rights Reserved.